古銭を高く売るコツとは?方法や注意点を紹介

古銭を自宅で発見した経験をもつ人も、いるのではないでしょうか。古銭のなかには、現代では使用することはできないものもあります。しかし、買取査定に出してみると、そのような古銭でも価値があるケースが多いため、ぞんざいに扱うのはいけません。ここでは、古銭を高く売るためのコツや方法などについて紹介します。

 

古銭を高く売るコツは相見積もりをとること

古銭を高く売るには、複数の買取業者に査定をお願いすることが重要です。相見積もりを取ることが大切な理由と、見積もりのポイントについて説明します。

 

相見積もりをとることが大切な理由

相見積もりを取ることが大切な理由は、手持ちの古銭を高く買い取ってくれる業者を見つけるためです。買取業者は、買い取った商品を転売して利益を得ています。そのため、高値で売る販売経路を持たない商品の場合は、利益を守るために安く買われてしまうのです。また、古銭の需要は限られているので、販売経路の確保自体が難しいでしょう。古銭といってもジャンルは幅広いです。手持ちの古銭にマッチする業者であるかどうかは、見積もりを取ってみないとわかりません。古銭には、国内のものもあれば、海外のものもあります。ほかにも、流通目的かコレクション目的か、発行された時代、材質などのように、さまざまなジャンルに分類されるでしょう。手持ちの古銭にマッチした販売経路をもつ業者を見つけるには、複数の業者に相見積もりを依頼する必要があります。見積もりを比較し、最も高値を付けた業者に買い取りをお願いしましょう。

 

相見積もりを取る際のポイント

相見積もりを取るポイントは、正しい価値を見究めることができる専門家がいる業者に依頼することです。古銭を取り扱っていない業者もあります。特に、オークションやフリマサイトなどで出品するのはやめておきましょう。古銭の価値がわかる人やコレクターが、運よく出品に気がつくとは限りません。価値がわからない人に安値で落札されたり、買い手がつかなかったりすることもあるでしょう。しかも、自分も詳しい知識を持っていないので、損をしていることに気がつかない場合もあります。また、古銭は、発送方法に気を配らなければなりません。現代の法律では、お金は現金書留でしか送ることはできないので、古銭でも使えるものであれば、現金書留を選ぶ必要があるのです。また、保証がつかない発送方法を選ぶ恐れもあります。適正な査定と取引の安全性のためにも、相見積もりは、古銭の専門家がいる業者に依頼しましょう。

 

古銭の相見積もりをとる方法

簡単に古銭の相見積もりをとる方法を、手順を追って詳しく説明します。

 

古銭の写真のとりかた

古銭の相見積もりの際には、写真を撮って複数業者に問い合わせフォーム、またはメールやLINEなどから依頼することができます。撮影はスマホのカメラで構いません。古銭は発行してから時間が経っているため、新品のようなきれいな状態でなくても評価されるためです。そのため、実物をよく見ないとわからないような傷などがあっても、写真で査定できます。高く買い取ってもらうには撮影のコツを押さえる必要があります。一度取った写真は何度も相見積もりに使いまわせるので、丁寧に撮影しましょう。まず、撮影するのは両面です。一度に何枚も買い取りを依頼したい場合は、撮影画面に収まるように並べ、裏表で順番が変わらないように撮影します。枚数が極端に多い場合は、見やすいように何回かに分けて撮影するとよいでしょう。また、光が反射してしまうと細部の確認ができません。下に布を引いて撮影すると、反射を防げるのでおすすめです。

 

サイトへの問い合わせ方

買取業者に問い合わせるには、問い合わせフォームを使うのが簡単です。フォームに従って入力すればよいので、文章に悩む心配がなく簡単です。問い合わせフォームを探し、連絡先など必要な項目を入力し、撮影した画像を添付し、もし備考欄があれば、「査定をお願いします」などと書き添えて送信しましょう。また、査定結果をメールで受け取りたい場合は、「査定結果の連絡はメールでお願いします」と、備考欄に書いておくと安心です。電話では断りにくいという人は、忘れずに書いておきましょう。後は、同じような作業を複数の業者に対して行い、見積もりがそろうのを待ちます。なお、買取業者によっては、問い合わせフォームに画像を添付できない場合もあれば、備考欄がない場合もあるでしょう。そのような場合も、ひとまず問い合わせさえしておけば、後日、担当から連絡がきます。あらためて査定方法を確認しましょう。

 

依頼の仕方

買取業者によって多少の差はありますが、メールなどで査定のお願いをしてから約23日ほどで見積もりの連絡がきます。最も高く査定をしてくれた業者に相談をし、買取を依頼しましょう。また、買取をお願いしない場合にも、一報を入れておくのが無難です。査定に対するお礼を述べ、もし買取をお願いする場合は、こちらから連絡するということも伝えましょう。

買取を依頼しない業者にも連絡をするのは、マナーの観点による理由だけではありません。余計な手間をなくすという理由もあります。こちらから連絡しなければ、見積もりに対する答えを聞きたい業者から、連絡がくることでしょう。場合によってはメールではなく、電話がかかってくるかもしれません。口頭で買い取りを依頼しないと伝えるのは、心理的な負担となることでしょう。買取をお願いするか否かに関わらず、見積もりを依頼した業者すべてに、連絡を返したほうが無難です。

 

古銭を高く売るための注意点

少しでも古銭を高く売るための注意点について紹介します。良かれと思ってした行動により、価値が下がる場合もあるので注意しましょう。

 

古銭を磨いたり洗ったりしない

個人の独断で古銭を磨いたり、洗ったりすると、古銭としての価値が下がってしまいます。絶対にやめましょう。古銭には泥などの汚れが詰まっていたり、錆があったりする場合もあります。確かに、見た目はきれいではないかもしれませんが、こういったものも古銭の歴史的価値の評価基準になります。なお、保管する際には、ペーパーコインホルダーなどに保管しておくと安心できるでしょう。コインホルダーはコインの直径に応じて穴のサイズを選べるので、コインがずれることなく安定感があります。また、アルバムタイプのコインホルダーなら、大量のコインを並べて保管でき、査定を受ける際にも便利です。さらに、アルバムを閉じておけば空気に触れにくくなり、長期保管にも向いているといえるでしょう。

 

ケースや鑑定書もつける

古銭を売る際には、鑑定書やケースなどがあると査定額が高くなります。必ず、付属品の有無を確かめておきましょう。鑑定書は、さまざまな古銭専門の業者によって発行されていますが、なかでも信頼されやすいのが日本貨幣商協同組合による鑑定書です。なお、初めからケースに収納された古銭であれば、取り出さずにそのまま査定をお願いしたほうが良い場合もあります。取り出して汚れが落ちたり、傷がついたりするよりも、元の状態をキープしたままのほうが、良い査定結果を得られるでしょう。さらに、運搬・配送する際も、ケースに入っていたほうが安全です。買取業社のサイトを見ると、付属品の有無など、古銭を高く売るためのポイントがまとめてある場合があります。必ず確認してみましょう。もし見つからなければ、直接問い合わせてみるという手もあります。