東京で古銭買取業者を探すなら「CoinSell」にお任せ!
                           

東京都の古銭買取りで人気の記念貨幣は?
種類や特徴を紹介

古銭買取では記念貨幣やメダルも扱いがあります。地域性の高い記念貨幣やメダルは、その土地での出来事を記念して発行され、デザインとして名所やイベントなどが採用されることが多いです。したがって、その土地にゆかりがある人にとって、地域性の高い記念貨幣やメダルは思い入れの深いものになるでしょう。

実際、地域性の高い記念貨幣やメダルに、多くのコレクターが魅了されています。東京都にゆかりのある記念貨幣やメダルにはどのようなものがあるのでしょうか。人気のあるものについて説明します。

東京都の買取りおすすめ業者の紹介

福ちゃん

福ちゃんは、古銭や着物・切手など、さまざまなジャンルの商品を取り扱う買取業者です。古銭買取専門の査定員が在籍しており、古銭の価値をしっかり評価してくれるので、安心して買取依頼ができます。

また、記念硬貨や金貨・銀貨など、幅広い古銭が対象なので、ほかの業者で断られた古銭も福ちゃんなら買取ってくれることがあります。ホームページには古銭買取実績が数多く掲載されており、海外など多くの販売経路を持っているため、安値で買いたたかれることもありません。

さらに、福ちゃんはイメージキャラクターとして中尾彬・池波志乃夫婦を起用しており、古銭買取業者のなかでも高い知名度があります。都心部に年々店舗を出店するなど、堅実な成長を続けていることからも、利用者からの評価が高い買取業者だということがわかるでしょう。

記念貨幣のデザインにも採用!
東京都の主なイベント、名所を確認

古銭買取がさかんに行われている東京都は、いったいどのような地域なのでしょうか。記念貨幣やメダルのデザインには、その土地の名所などが多く使われます。まずは、東京都の名所を紹介します。

東京タワー

1958年に建設された「東京」の名がつくこのタワーは、観光スポットとして人気です。東京タワーはもともと電波塔として、アナログ放送で重要な役割を担ってきました。2018年に地上デジタル放送に移行してからは、テレビ電波の発信こそ終了したものの、いまでもラジオ電波の発信に使われています。

東京タワーの高さは333mときりがよい数値です。この数値は、関東圏に電波を送るのに必要な高さを算出して決められました。建設当時は珍しい高層建築物であった東京タワー。展望台に上ってみると、東京の街を一望できます。高さ約250mのトップデッキからは、富士山が見えることもあります。

東京タワーは、外観も見応えがあります。赤と白のボディは遠くからでも目をひくことでしょう。夜にはライトアップされ、昼間とは違った存在感を放ちます。時間帯によってもイルミネーションの演出は変わるので、一見の価値ありといえるでしょう。

東京スカイツリー

東京スカイツリーは、墨田区押上に建設された、地上634mの高さを誇る電波塔です。スタイリッシュで都会的なデザインが特徴のスカイツリーと、下町感ただよう押上の町。2つの要素が良い具合にミックスされた東京スカイツリー周辺は、世界中から多くの人が訪れる観光スポットとなっています。

東京スカイツリーで最も高い位置にある展望デッキである「天望回廊」は、地上445~445mの高さにあります。足元から天井まである大きなガラスを通じて、まるで空中を歩いているかのような感覚を味わえるでしょう。なお、地上340、345、350mの地点にも展望デッキがあり、撮影スポットやカフェ、レストランなどのサービスも利用できます。

なお、スカイツリーは、すみだ水族館や、東京ソラマチといった施設にも直結しています。スカイツリー観光と合わせて楽しむのも良いでしょう。

小笠原諸島

小笠原諸島は、世界自然遺産の島々です。小笠原諸島には飛行場がないので、東京本土から向かうには、定期船に乗って向かいましょう。住所としては東京都にあたる小笠原諸島ですが、到着には丸1日かかります。

小笠原諸島は手付かずの自然が魅力で、奄美大島や西表島、屋久島などと並んで「東洋のガラパゴス」と呼ばれるほどです。天然記念物としては、世界中で母島にしか棲息していないハハジマメグロなどが有名です。

東京都の記念硬貨やメダル

                                                     

東京都の地方自治法施行60周年記念貨幣・1000円銀貨

日本で地方自治法が開始され、60年が経ったことを記念して発行されたのが「地方自治法施行60周年記念貨幣」です。地方自治法の施行は国にとって非常に大きな変化であり、それを60年もの間継続できたことを祝う目的で、1000円銀貨と500円銀貨の2つが発行されました。

この記念貨幣は2008年から発行が開始され、2016年までかけて47都道府県すべての地方自治法施行60周年記念貨幣が発行されました。なお、東京都の記念貨幣は、47都道府県の中でもっとも遅い、2016年の5月に販売されています。首都東京の記念貨幣を手に入れたいと望む人は非常に多く、購入者は抽選にて決められました。

図柄の説明

東京都の地方自治法施行60周年記念貨幣・1000円銀貨には、レインボーブリッジを背景に、東京タワーがデザインされています。空には都民の鳥であるユリカモメも描かれています。レインボーブリッジは、 東京都心と臨海副都心を結ぶ吊り橋の通称で、ドラマや映画に登場するなど東京を代表するスポットの一つといえるでしょう。
道路とゆりかもめが通っているほか、歩道も造られています。また、夜はライトアップされ、幻想的なムードが漂うレインボーブリッジ。東京都心やお台場などから眺めることもできますが、屋形船から近くで見る姿も格別です。

貨幣の仕様
貨種 千円銀貨幣
額面 千円
素材・品位 銀・純銀
量目 31.1グラム
直径 40ミリメートル
発行枚数 10万枚
裏面のデザイン 地方公共団体の行政や経済・文化などの健全な発展を表現し、「雪」「月」「花」がデザインされています。

東京スカイツリーの記念メダル

東京スカイツリーの記念メダルは多くの種類があり、最も古いものは開業前から発売されていました。634mの地点に到達した記念、開業記念、その後も1~5周年までメダルが発行されています。アニバーサリーを祝うメダルは人気が殺到し、在庫がなくなったものもあります。

図柄の説明

東京スカイツリーの記念メダルには、東京スカイツリーがデザインされているもののほかに、数々のコラボ商品が発行されています。「進撃の巨人」や「ドラゴンボール」などのアニメ、「ハローキティ」などのキャラクターのほかに、「ももいろクローバー」や「宝塚歌劇」ともコラボレーションしています。トレンドを取り入れたデザインは、大人も子どもも夢中にさせるでしょう。

スカイツリーのマスコットキャラクターの「ソラカラちゃん」のデザインもあります。ソラカラちゃんのデザインが見られるのは、開業時と、2019年に発行されたハローキティとのコラボメダルです。

貨幣の仕様
貨種 記念メダル
直径 31ミリメートル
裏面のデザイン 当初は東京スカイツリーのロゴが多く使用されていました。コラボ商品の場合は、関連するデザインが採用される傾向です。

小笠原諸島復帰50周年記念千円銀貨幣

小笠原諸島復帰50周年記念千円銀貨幣は、小笠原諸島の復帰から50年が経過したことを記念して2018年に発行されました。美しい島の景色や、島固有の生き物を表現するのに多くの色が用いられています。工程数の多さなどから、額面を何倍も上回る金額で販売されました。

図柄の説明

小笠原諸島復帰50周年記念千円銀貨幣には、南島の扇池と特別天然記念物のハハジマメグロ、ムニンヒメツバキがデザインされています。扇池の特徴は、その名の通り扇型であること。波によって造られた奇妙なアーチ型の岩、限りなく透明度の高い海は、多くの人を魅了します。なお、扇池は、世界的にも珍しい沈水カルスト地形でもあります。自然保護のために入場制限があるので注意しましょう。
ムニンヒメツバキは、父島でよく見られる小笠原村の花です。5月から夏にかけて、やや大きめの白い花を咲かせます。

貨幣の仕様
貨種 千円銀貨幣
額面 千円
素材・品位 銀・純銀
量目 31.1グラム
直径 40ミリメートル
発行枚数 5万枚
裏面のデザイン ザトウクジラとミナミハンドウイルカとアオウミガメがデザインされています。